「ちゃんと」Webのことを考えるNPO・個人事業主・中小企業・団体の応援メディア。フォームより無料でご相談いただけます。

WordPress管理者入門 #02 『投稿と固定ページを作る』

WordPressで「投稿」する方法

WordPressの管理者画面(ダッシュボード)で、「投稿」のメニューを選ぶと、「新規追加」として記事を追加することができます。「新規追加」を選ぶと、現在のバージョンのWordPressではGutenbergと言われる新しいエディターが起動します。

※もし WordPress のバージョンが古い場合は旧エディタと呼ばれる画面が表示されます。現在のバージョンのWordPressで旧エディタを使用したい場合は、「投稿」の一覧画面の上部で旧エディタを選ぶこともできます。

エディタ画面では、記事のタイトルとなる「タイトル」という部分と、記事の内容となる本文の部分を入力します。入力が終われば、画面右上にある「公開する」というボタンをクリックすることで記事が公開されます。 WordPressの管理者画面(ダッシュボード)の左上にある「サイトを表示」をクリックするとWebサイトのトップページに戻ることができますので、そこから投稿一覧を確認してみましょう。

先ほど公開した記事が追加され、記事タイトル部分などがクリックできるようになっており、記事詳細ページにリンクが自動的に貼られていることが確認できます。

この記事一覧に掲載されたカテゴリーの「未分類」というところや、アーカイブの日付部分もリンクが自動的に貼られています。 記事を1件を追加すると様々な箇所に自動的にリンクが張られ、一覧ページが生成されていくことが、 WordPress といったCMS を使うことの利点の一つです。

WordPressで「固定ページ」を作成する方法

WordPressの管理者画面(ダッシュボード)で上から3番目くらいのメニューに「固定ページ」があります。「固定ページ」をクリックして投稿と同様に「新規追加」を選びます。

エディタの見た目は先ほどの「投稿」とほぼ同じです。タイトルを入力するエリアと本文を入力するエリアがあります。 「投稿」と同様、エディタ画面では、記事のタイトルとなる「タイトル」という部分と、記事の内容となる本文の部分を入力します。 入力が終われば、画面右上にある「公開する」というボタンをクリックすることで記事が公開されます。 「固定ページ」として記事を追加すると、トップページやカテゴリ一覧などの記事一覧やサイドエリアには、先ほど追加した固定ページの記事が表示されません。

リンクを張る方法

固定ページは記事を生成してもどこからも自動的には表示されません。 リンクを自分で作成することが必要になります。

まず、WordPressの管理者画面(ダッシュボード)で、固定ページの一覧を表示させ、固定ページのURLを確認します。 たとえば投稿で生成したページからリンクを貼りたい場合は、投稿の詳細ページを編集する画面にアクセスし、リンクテキスト(リンクできるテキスト部分)の文字を入力します。

リンクを貼るにはリンクを貼りたいテキスト部分を選択して、鎖のようなリンクのマークをクリックし、リンク先のURLを入力します。

リンクが終わったら、ぺージを保存(更新)し、サイトの表示を確認してみてください。 こうして、投稿と固定ページを作ることができます。次回は、投稿と固定ページの違いや使い分けについて紹介します。

ちゃんとWeb.bizをフォローする

follow us in feedly