「ちゃんと」Webのことを考えるNPO・個人事業主・中小企業・団体の応援メディア。フォームより無料でご相談いただけます。

国産CMS「baserCMS」が15万ダウンロード突破

 

2017年4月に、「日本発! WebクリエイターのためのオープンソースCMS」として開発が進められている『baserCMS』がダウンロード数 15万件を突破したと発表しました。

このCMSは、日本人開発者を中心に開発が進められているオープンソースCMSで、非常に分かりやすいインタフェース等で定評があります。主な特徴は次の通り。

国産CMS「baserCMS」の特徴

・日本語によるマニュアルやサポートが利用できる
・コーポレートサイトを構築しやすい
(例:お問い合わせがデフォルトで実装されている、投稿の公開期間が設定できるなど)
・日本人がよく使う機能がデフォルトで使える
(例:フォーム制作時に都道府県選択肢などをいちいち設定する必要がないなど)
・用途に応じ複数のブログが設定できる
・CMSとしては無料
・素人が実装するのは難しいので、制作会社に実装を依頼して、運用を自分たちで進めたいというケースに向いている

詳細:BaserCMSとは?(BaserCMSのWeb サイト)

WordPressに比べると、プラグイン数などで劣ってしまう面はありますが、ドキュメント類などもすべて日本語で整備されており、非常に扱いやすいCMSと言えます。是非、CMSの候補の1つとして検討してみると良いでしょう。

ちゃんとWeb.bizをフォローする

follow us in feedly