「ちゃんと」Webのことを考えるNPO・個人事業主・中小企業・団体の応援メディア。フォームより無料でご相談いただけます。

WordPressで、入力したデータを目的別に検索させることはできますか

WordPressはブログのように、タイトルや本文など、同じフォーマットの記事を時系列でレイアウトしていくのに使い勝手のいいCMSですが、じつはコンテンツというデータを蓄積しているデータベースでもあります。

今回お問い合わせいただいた「WordPressでデータを地域別・目的別に検索させたい」という目的を果たすには、各記事をカテゴリーやタグなどで分類をする方法と、カスタムフィールドを使う方法があります。

この記事では、より簡単な「各記事をカテゴリーやタグなどで分類をする方法」について説明します。

WordPressの「カテゴリー」をうまく使えば、目的別検索ができる

たとえば、日本全国にある支援団体を「都道府県別」「目的別」で探させたい場合、記事に北海道から沖縄までの都道府県の「カテゴリー」を作成し、目的別の場合は「学習」「就労」「生活」「法律相談」「健康」など、記事の内容に合わせた「カテゴリー」を作成します。

20170126

そのうえで、記事(各団体の詳細情報)を作成するときに、「カテゴリ」でその記事に該当の都道府県、該当の目的を選んで投稿していきます。

そうすることで、「カテゴリ」に該当する記事一覧が作成されますので、トップページなど、好きな場所にそのカテゴリ一覧へのリンクを貼りつければ、地域別・目的別にまとまった記事を作成することができます。

WordPressのカスタマイズに自信がない…という場合は、この方法が簡単だといえるでしょう。

カスタムフィールドの使い方については、次の記事をご覧ください。

関連記事:WordPressを構造化! 『カスタムフィールド』を使いこなそう

 

ちゃんとWeb.bizをフォローする

follow us in feedly