「ちゃんと」Webのことを考える個人事業主・中小企業・団体の応援メディア。フォームより無料でご相談いただけます。

本人許諾があってもWebサイトに掲載できない写真とは(教育系NPO法人の例―<8>)

とある教育系NPO法人のWebサイト構築のご相談にあたり、他のNPOにも事例共有したほうがよさそうな「写真の許諾」や「Web用の素材」についての事例と解説をお伝えしていきます。

ここまでのお話
1-1:Webサイトの目的と優先順位を確認
1-2:Webサイトのターゲットはどんな人?
1-3:ターゲットが理想の状態になるために必要なコンテンツの洗い出し
1-4:予算にかかわりそうな事項について確認
1-5:運用サイクルを確認
1-6:制作会社をどこにするか?首都圏or近隣?
1-7:制作会社3社に制作見積もりを出したらピンからキリまでなんと10倍以上の差が!
1-8:本人許可があってもWebサイトに掲載できない写真とは(本記事)

写真をたくさん撮りためている=Webサイトで使える素材が多いわけではない

このNPOでは、イベントのたびに写真係を任命して、さまざまな写真を撮りためているということでした。そのため、初回打ち合わせの際は写真素材に困らなさそうな話をされていましたが、実際に写真を選ぶフェーズでは少々難航しました。

というのも数百枚の素材があるとされていたのは、ほとんどがいわば「活動の記録写真」に過ぎず、Webサイトを来訪した人を信頼させ、寄付やボランティアに向けて前向きな気持ちにさせるインパクトという点では正直物足りないものでした。

さらに、同意を得られている生徒がきちんと写っているかというとそれもまた別の話で、同意を得られていない生徒しかきれいに写っていない、または同意を得られていてもきれいに写っていないということで、Webサイトに使える素材は結局ほとんどないという状態でした。

「何かに使えそう」で漫然と撮るのではなく、「〇〇に使うもの」と想定して撮影しよう

そこでこれからWebサイトの素材を撮影するという方々にお伝えしておきたいのが、「後で何かに使えるかも」と思って漫然と撮影するのではなく、(そういう写真ももちろん撮ってもよいのですが)撮影前に「<事業内容>を説明するときに使おう」「〇〇のページのタイトル画像にしよう」「Facebookの告知に使おう」と想定したうえで撮影する、つまり被写体に許可を取っておくことはもちろん、シーンも意識して取るということです。

たとえば「寄付集め」は重要な活動であるにもかかわらず、寄付をイメージした素材写真を持っている団体はほとんど見かけません。
「寄付したくなる写真ってどんなんだろう?」と団体内で打ち合わせをして、合意を取っておき、さらにカメラマンがいる場合は、構図のラフを渡しておくと万全です。
寄付以外にも「採用」「ボランティア募集」といったページで、さてどんな写真が使えるか…というケースは多いので、スタッフが集まる機会やボランティアが集まる機会に、素材写真を確保しておくとよいでしょう。

未成年の写真(動画)や個人名を扱う上で注意したいこと

また、後々のトラブルを回避するために、下記を万全にした素材を用意しましょう。

  • 本人の許可を同意書で同意を得ていること
  • 18歳未満の場合、保護者の許可も同意書で同意を得ていること

口頭の合意ではなく書面で本人と保護者に、本人の写真を「何に使うか(Webサイトを含めた広報物全般と記載しておくとよいでしょう)」に同意してもらっておくと安心です。

ステークホルダーが複数いる場合、未成年写真はさらに注意

たとえば、当該NPOが行政や学校その他の団体から助成をもらっているなど、ステークホルダーが複数いる場合があります。その場合は本人・未成年以外にも、そのステークホルダーにWebサイトで写真を使いたい旨、話を通しておくと安心です。

このNPOと最初にお打ち合わせをしたときに、著者は「このWebサイトの内容の是非をチェックし、判断するのは、どなたになりますか(複数いますか)」とステークホルダーの有無を確認したのですが、NPO代表は「すべての原稿は、僕だけで判断します」と回答されていました。

しかし、実際には2回目の打ち合わせをした際に、偶然助成をもらっているステークホルダーと居合せて、念のため生徒の写真をWebサイトに利用したい旨を伝えたところ「受験が終わるまで、可能であれば合否が出るまでは受験生の写真は撮ってほしくない」とNGを出されました。

学校や行政は、民間よりもトラブルを恐れる傾向があるように思います。撮影や制作が終わった後でNGを出されてしまうことのないよう、ステークホルダーには事前に話を通しておき、許可がもらえるかきちんと確認しておくことが重要です。
彼らの恐れるトラブルとはこのようなものです。

  • 何かの事件の被害者・加害者になった時に、望まぬ形で世間に拡散されたくない
  • 受験や勉強の妨げになってほしくない
  • Webサイトに掲載後、受験で失敗した場合に「あんなことさせていたから落ちた」と言われたくない

など…

撮影した写真にどうしても利用許可が下りない場合の代替案

本人や保護者、そしてステークホルダーからどうしても許可が下りない場合はどうすればよいでしょうか。いくつか事例をお伝えします。

<構図を「提供側」に合わせるパターン>

写真の構図やピントを、未成年に合わせるのではなく、大人に合わせるパターンです。例を二つ挙げます。

teachforJapanhttp://teachforjapan.org/

image2

image3
教える人材の輩出がテーマという事もありますが、講師側にピントが当て、子どもは向こう側を向いていても不自然な印象を与えません。

カタリバ(http://www.katariba.net/)
image4
こちらも上記と同様に、高校生に熱く語る大学生の、愛のあるまなざしや真剣さが伝わってくる現場の画像を使用しています。

<誰だかわからないくらいの大きさまで「引き」で撮るパターン>

「雰囲気は伝わるけれど、本人かどうかがわからない」…というくらいの顔の大きさまで「引き」で撮影した写真も押さえておくのも安心です。
表情が見えたほうが訴求力が強いというのは捨てがたいメリットですが、ステークホルダーがどうしてもどれにも許可を出さない場合等に使えます。

<写真素材サイトから購入するパターン>

モデルの使用許可を得られた写真素材を購入する
image8
明るいイメージで、希望の世代が映ったものを選択するというパターンもあります。
プロが撮影しているため、明るさ、健全さが演出できます。また、撮影が入らない分、モデルの調整等の工数がNPO側にかからないというメリットもあります。
ただ、コストがかかる(2万円程度~)のと、「自団体らしさ」を出すのに限界があるため、素材が集まるまでの仮のものとしておくという考え方もあります。
(上記の素材は http://amanaimages.com/home.aspx から)

素材イラストを利用する

image9
有料のイラスト素材を使うメリットは、実際にモデルの撮影をするよりも大幅に手間、撮影費が省ける、イラストを新規書き起こしするより圧倒的に早い、ということです。デメリットは写真素材と同じく、コストがかかる(2万円程度~)のと、「自団体らしさ」を出すのに限界があります。
(上記の素材は http://amanaimages.com/home.aspx から)

イメージ写真でよいなら、代役を立てるのも手

別の若者支援系のNPOで実際にあったケースとして、その若者が「当事者であること」を隠して生きたいのでWebサイトには載りたくない、ということがありました。当事者の支援を依頼するというWebサイトで、若者の写真を載せないというのは厳しいため、下記のような工夫をしたケースもあります。

  • 高校生役として、インターンの大学生が高校の制服を着用
  • 子ども役は、NPO役員のお子さんが出演

ドキュメンタリーとして見せている素材でやらせをしているわけではなく、団体のイメージ写真として撮影したということです。「本当に本人かどうか」が大切なケースと、イメージ写真でよいケースとを折り合いをつけて、安全・スムーズかつ安価に進められる方法を選ぶようにしましょう。

関連記事
セミナーや授業、イベント写真撮影時の注意点とコツ

ちゃんとWeb.bizをフォローする

follow us in feedly