「ちゃんと」Webのことを考える個人事業主・中小企業・団体の応援メディア。フォームより無料でご相談いただけます。

Webサイトの目的と優先順位を確認する(教育系NPO法人の例―<1>)

これからWebサイトを立ち上げるNPO法人のWebサイト構築の企画のご相談を受ける機会がありました。
せっかくなので、Webサイトを新規に作る際に押さえるべきことや作成した資料なども盛り込みつつ、NPO法人のWebサイトを作っていく際の流れについてご紹介しようと思います。

この団体がWebサイトを作るまでの情報発信

この団体は地元の高校生のキャリア教育プログラムを受託することを中心にした団体だったので、ブログ・Facebook、twitterなどの「時系列メディア」で情報発信をしていました。
NPO法人化申請をすることに伴い、正会員・賛助会員や大学生ボランティア・アルバイトを増やす必要がこれまで以上に出てきたため、公式Webサイトで整理された情報を提供する判断をされました。
参考:Facebookやブログしか持っていない団体・企業は、いつWebサイトを持つべきか

この相談でやりとりした内容を、他の団体・企業にも参考になるような情報として、打ち合わせした内容を各テーマでご紹介していく予定です。お楽しみに!

第1回めの打ち合わせ事項
1-1:Webサイトの目的と優先順位を確認(本記事)
1-2:Webサイトのターゲットはどんな人?
1-3:ターゲットが理想の状態になるために必要なコンテンツの洗い出し
1-4:予算にかかわりそうな事項について確認
1-5:運用サイクルを確認
1-6:制作会社をどこにするか?首都圏or近隣?
1-7:制作会社3社に制作見積もりを出したらピンからキリまでなんと10倍以上の差が!

Webサイトの目的と優先順位を確認

初回の打ち合わせということで、いきなりコンテンツの構成やデザインの話に入るのではなく、あらかじめ団体からいただいていた資料やチラシをもとに筆者が作成した資料を使って、以下のことを確認して進めました。
・公式サイトの目的と優先順位
公式サイトに期待する目的の洗い出しと、その優先順位を確認しました。

(優先順位を決める工夫)

優先順位を決める際に、「あれもこれも重要」となることが多いので、目的を洗い出した後に全体を100として、それぞれの目的に配分をしていただきました。

(筆者がお持ちした資料)

※団体名等は伏せています。

1-1団体からあらかじめいただいていた資料を拝見して、筆者は正会員・賛助会員「のみ」を募集しているものと早とちりしたのですが、実際には、お好きな額の寄付でも、物品(ノートパソコン等)でも、物件でも、寄付全般を大募集している、ということでした。

また、協力企業になる=正会員になるということだったので、目的の「正会員・賛助会員を増やす」と「協力企業を増やす」は別物ではなく、合体しつつ「正会員・賛助会員(個人/企業)を増やす」とする必要がありました。

次に「プログラム参加者・ファン(学生)を増やす」の目的ですが、団体が開催しているのは高校生向けのプログラムのため、筆者はプログラム参加者を高校生のみと想定していたのですが、ヒアリングの結果、協力してくれる大学生ボランティアやアルバイトもプログラム参加者とみなし、「<活動に参加する人材>を増やしたい」ということがわかりました。

「運営にかかる工数を削減する」は、いただいた事前資料にはなく筆者の想像からの提案です。
寄付者の管理、プログラムへの協力企業、参加者の取りまとめなどに時間がかかっているのではないか?と思い、CANPANなどの寄付受付・決済ツールをご提案するつもりでした。

ところが、寄付の管理以上に煩雑な作業があることが判明。
高校生向けのプログラムは高校からの受託事業で個人情報をデータでやり取りすることができないため、紙で参加者の管理をしていることや、参加企業とのやりとりはボランティアスタッフがそれぞれのやり方で日程等調整しているなど、運営にかかる工数は思ったよりかなり大きそうなことが判明!

さらに「取り組みを他の地域でも参考にしてもらう」というのも資料にはありませんでしたが、これまで筆者が団体のことを調べるうえで、NHKや大手メディアに取り上げられたことなどでの注目度合を考えると、他の地域の教育機関や自治体からのお問い合わせの対応にもけっこう時間がかかっているのではないかと確認しました。

するとたしかにお問い合わせ対応には時間がかかるということだったので、ここはサイトに必要な情報を載せたり、正会員になることをご依頼してからお問い合わせをいただいたりなどしてはどうか、という話をしました。

サイトの目的はいろいろ捨てがたいものが多々あるのですが、思いきって優先順位をつけ、パワーの配分をしていただきました。

その結果がこちらです。
1-2

そのうえで、それぞれのターゲット像やその方々になってほしい状態を目線合わせすることになりました。

次回は「Webサイトのターゲットはどんな人」についてお伝えしていきます。

ちゃんとWeb.bizをフォローする

follow us in feedly