「ちゃんと」Webのことを考えるNPO・個人事業主・中小企業・団体の応援メディア。フォームより無料でご相談いただけます。

Google Search Console入門:Search Consoleにサイトを登録する

会社を設立したり、新しいビジネスを開始し、Webサイトを新しく公開した! そんな時、まずはじめにやっておきたいのが『Google Search Console(旧 Google Webマスターツール:以下、Search Console)』への登録です。

Search Consoleとはいったい何か。登録すると、どんなメリットがあるのか。ここでは、それぞれ紹介していきましょう。

Search Consoleは Googleへの登録窓口

Googleといえば、世界でもっとも利用されている検索サイトです。日々、さまざまなキーワードで検索され、さまざまな Webサイトに誘導されています。せっかく作った自分の Webサイトにも、ぜひ Googleで検索して訪れて欲しいですよね。

Googleの検索結果に、自分の Webサイトが表示されるのは、Googleがたどり着くことができれば基本的には表示されます。つまり、次のような条件の場合です。

  • 既存の Webサイトからリンクされた
  • Facebook等のソーシャルメディアで URLが掲載された

但し、これらの方法は確実とはいえず、いつ、どんな風に Googleのクローラー(収集ロボット)が拾ってくれるか分かりません。そこで、Webサイトのオーナーが Googleに対して「開設したから、ぜひ検索結果に表示してください」と申請することができる窓口が、この「Search Console」なのです。

また、他にも次のようなメリットがあります。

  • Webサイトに、新しく追加した Webページもすぐに申請することができる
  • クロール(収集)でエラーが発生した場合に、内容を確認できる
  • 検索キーワードなど、分析データを確認できる

これらの機能を、すべて「無料」で利用する事ができます。ぜひ、登録しておきましょう。

※ ただし、Search Consoleに登録したからと、掲載が保証されるわけではありません

Search Consoleに登録しよう

それでは、実際に Search Consoleに登録してみましょう。登録には、「Googleアカウント」が必要になります。Gmailのメールアドレスなどを持っていれば、Googleアカウントとして利用する事ができます。

ログインすると、図のような一覧が表示されるので、右上の「プロパティを追加」をクリックします。

Search Consoleのメイン画面

「ウェブサイト」と「Androidアプリ」が選べるので、ウェブサイトを選んでURLを入力します。「追加」ボタンをクリックしましょう。すると、図のような「所有権の確認」を行う画面が表示されます。

Search Consoleの所有権確認画面

これは、他人の Webサイトを不正に登録することがないように、Webサイトのオーナーでなければ行えない作業を行って、Search Consoleへの登録を完了するというものです。次の方法があります。

HTMLタグを追加する

トップページとなるHTMLのファイルを編集し、指定のHTMLタグを書き込む方法です。HTMLファイルの編集の知識と、FTPソフトなどのソフトウェアの利用などが必要となります。もし、制作会社などに制作を依頼している場合は、次のようなタグ部分をコピーして、挿入を依頼するとよいでしょう。
<meta name="google-site-verification" content="xxxxxxxxxx" />

大抵の制作会社は「Search Consoleに登録するので、このタグを挿入してください」と言えば、分かるはずです。

HTMLファイルのアップロード

HTMLを編集するのは難しいが、レンタルサーバーなどにファイルをアップロードすることはできるという場合は、指定のHTMLファイルをアップロードする方法があります。

「別の方法」というタブをクリックし、「HTMLファイルをアップロード」にチェックを入れましょう。

Search ConsoleのHTMLファイルアップロード

ファイルをダウンロードして、Webサーバーにアップロードすれば完了です。こちらも、制作会社に依頼してもよいでしょう。

Googleアナリティクス、Googleタグマネージャと連携する

もしすでに、WebサイトにGoogleアナリティクスか、Googleタグマネージャを導入している場合は、簡単に認証することができます。「別の方法」タブのそれぞれの選択肢をクリックした後、Webサイトのプロパティを選ぶだけで認証が行えます。

これらの方法で、Webサイトを認証すれば登録完了です。間もなく、クローラーがアクセスしてくれるようになります。

Google Search Consoleには、この他にも便利な機能が多くあります。ぜひ使いこなしていきましょう。

ちゃんとWeb.bizをフォローする

follow us in feedly