「ちゃんと」Webのことを考える個人事業主・中小企業・団体の応援メディア。フォームより無料でご相談いただけます。

NPOのWebサイト制作。外注かプロボノかどちらがよいか?それぞれの特徴まとめ

(c)photo-ac

NPOにとって、寄付やボランティアなどは、活動を継続・拡大していくために必要なリソース。
それらを獲得するには「広報」、とくにWebサイトの力が欠かせません。

最初はありあわせの素材を使ってとりあえず用意したり、無料のブログやFacebookページを公式サイト代わりにして間に合わせたり…という手段でしのいでいる団体が多いようです。
しかしある程度拡大路線になってきたら、より多くの人に寄付者やボランティア等になってもらうことも視野に入れた、「信頼感のある公式サイト」が必要になってきます。

とはいえよほど恵まれたNPOでない限り、広報、ITスキルを持つメンバーを確保できることはまれでしょう。
そこで、Web制作会社やクラウドソーシングへの外注、またはプロボノといった方法を検討していくことになります。

NPOがWebサイトを外部のプロに委託する方法について、NPOの中間支援団体であるNPO法人「サービスグラント」関西事務局の堀さんにお話をお伺いしながら、それぞれ選ぶ際の基準をまとめてみました。

<Web制作会社、クラウドソーシング、サービスグラントのプロボノの特徴まとめ>
 Web制作会社クラウドソーシングサービスグラントのプロボノ
QCD
クオリティある程度予測可能予測が難しいある程度予測可能
コストかかる少々かかる不要
納期急ぎ対応可が多い急ぎ対応可が多い最低6ヶ月程度必要
進行
マーケティング上の課題分析オプションオプション標準装備
依頼要件明確なほうがスムーズ
明確である必要あり明確でなくてもOK
デザイナー予算があれば選べる
進行中の変更は難しい原則選択できない
原稿ライティング・キャッチコピーオプションオプション標準装備
アフターサービス契約により可契約により可不可(※1)
NPO側の窓口担当
負担小~大中~大中~大
プロジェクト管理スキルなくてもOK必要なくてもOK
予算に余裕があり、急いでいるならWeb制作会社への外注

Web構築プロジェクトの成否は、制作会社が制作のチームにどれだけ「エース」人材を投入できるかにかかっています。そのため、「エース」人材は引っ張りだこです。
Web制作会社は「エース」人材を囲うために、それなりのコストをかけています。

つまりNPO側が「エース」に確実に依頼したい、納期が迫っている、等の希望があるのであれば、「人材の維持費にコストをかけているであろうWeb制作会社」に依頼するのがよいですが、NPO側にもそれなりの対価を支払う必要があるということです。
(窓口の負荷も、予算によっては制作会社側にある程度負ってもらうことも可能です)

「Webサイト構築の予算ってどのくらいが妥当なのか?」ということが気になるかと思いますが、家を建てるのに相場がないのと同じで、「どこに建てるか(=ドメイン、サーバー)」「どのくらいの広さか(=ページ数)」「どんな素材か(=デザイナースキル)」「どんな設計士に依頼するか(=マーケティング、情報設計)」等、どのような家(Webサイト)にしたいかによって予算は異なるので一概には言えません。
「安い!」と思っていても基礎工事がなっていない(=情報設計がなっていない)かもしれませんし、「高い!」と思っても老後までリフォームなしで住める物件(=デバイスの変化に対応しやすいつくり)かもしれないので、ご注意ください。

NPO歴が長い人にとっては、「一般企業(Web制作会社)の人って『ビジネス!』という感じでちょっと怖い」という印象があるかもしれません。

そういう場合は、Web制作会社の中にも「NPO制作実績」を売りにしている会社もあるので、参考にするのもよいでしょう。
NPOのためのデザイン」というサイトに詳しく掲載されています。
NPOの実績があるデザイン会社・デザイナー、団体、デザイン支援サービスまとめ 2015年版

プロジェクト進行、外注先の選定・管理に自信があるならクラウドソーシング

制作会社に依頼をするほどの予算はないけれど、ある程度期限は迫っており、かつ、自分たちで作るよりはもう少しプロっぽく作りたい…という場合には、クラウドソーシングという手もあります。

クラウドソーシングに登録しているワーカーの中には「初回の契約」を取りたいがためにかなり安価でも応じてくれるケースもあります。
ただし、そのスキルは「自称プロ」から「エース級」までかなり幅があるため、外注先の選定、管理に自信がないと厳しいかもしれません。
「サービスグラント」関西事務局の堀さんいわく、まだまだNPOでクラウドソーシングを活用しているところはごく少数派ではないかなとのことでした。

納期に余裕があり、提案を受け入れる度量があるなら、サービスグラントの「プロボノ」

納期に余裕があるなら、プロボノにチームを組んで対応してもらうのがよいでしょう。
プロボノ仲介の先駆者であるNPO法人「サービスグラント」がおススメです。
筆者もこちらでプロボノとしてプロジェクト支援をした経験がありますが、ここは豊富なプロジェクトの経験から進行をスムーズにする工夫が凝らされていると感じました。

例えばノウハウが詳細に落とし込まれたプロボノ用のマニュアルや、トラブルを未然に防ぐための必要な要素が盛り込まれた契約書等が整備されているため、トラブルの可能性は低いといえるでしょう。

アカウントディレクター、プロジェクトマネジャー、マーケッター、デザイナー、ライター、マークアップエンジニアといった、Webサイト構築に必要な職種ごとに人材を抱えており、アカウントディレクターが支援範囲を決定する際、必要な人材をアサインしてチームを組みます。
そのため、どのプロジェクトでもクオリティは安定していると感じます。

原則、キックオフから6か月でのリリースとなります。最初に支援範囲を定義するため、「ついでにこれもお願い」といった依頼が難しいですが、支援してもらうと決定した範囲のなかでは満足は高いのではないかと思います。

(※)サービスグラントでは、プロジェクト完了後プロボノチームは解散となります。
サイト構築後の「アフターサービスがないのが不安」という場合は、制作はプロボノに依頼をしておいて、出来上がったサイトの保守を外注するという手もあります。

プロボノに依頼するときに気を付けたいことについては、次回の記事「NPOが「プロボノ」に気持ちよく働いてもらうための心得5つ」で詳しくお伝えしていこうと思います。

ちゃんとWeb.bizをフォローする

follow us in feedly